読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・漫画・エンタメがテーマの動画解説付きブログ

再放送で心を鷲掴み【1970年代】懐かしアニメおすすめランキング

f:id:suyamatakuji:20170323165013p:plain

1970代アニメは再放送で夢中になったすやまたくじです。
今回はそんな70年代の昔懐かしアニメおすすめランキングを。

動画解説:再放送で心を鷲掴み1970年代アニメおすすめランキング(約7分半)

1970年代アニメおすすめランキングについて

ここでは放送開始のタイミングが70年代(1970年~1979年)の作品のみに絞っておすすめランキング形式で紹介。

ちなみに僕は1970年代アニメは再放送で観た世代です。

第5位:あしたのジョー

f:id:suyamatakuji:20170323152322j:plain

あしたのジョーは週刊少年マガジンで連載されていた漫画を原作とした1970年放送開始のボクシングアニメ。

あしたのジョーといえば、

燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな・・・。

など、数々の名言を生み出した名作。

特にこのラストシーンはあしたのジョーを観たことなくても知っている人が多い名シーンです。

あとはジョーのライバルで力石徹(りきいしとおる)の存在も強烈でしたよね~

ジョーと戦うため過酷な減量を行い(本来の力石の階級はジョーよりも上)、骨と皮だけの状態になりながらも熱戦を繰り広げた。

最後の衝撃的な結末もあり、

当時はジョー以上に力石の人気が高かったほど

そんな力石やジョーの最後の相手となったホセ・メンドーサも印象的ですが、個人的に一番印象が強いキャラはカーロス・リベラ。

ジョーと熱戦を広げた末に引き分けドロー。
再戦を約束して別れたけれど、次に会ったときはパンチドランカーとなっていた・・・。

あの稲妻みてえだったパンチがこんなになっちまって

 

第4位:銀河鉄道999

f:id:suyamatakuji:20170323152334j:plain

銀河鉄道999は松本零士作の漫画を原作とした1978年放送開始のSFアニメ。

銀河鉄道で宇宙を自由に行き来できる未来世界。
その一つの銀河超特急999号に乗って主人公:鉄郎とヒロイン:メーテルが旅する物語。

999が停車する惑星に1つのエピソードがあるという構成ですね。

銀河鉄道999にはテレビ版と劇場版があり、それぞれ見た目や中身がかなり違います。

まずテレビ版の鉄郎は『じゃがいものような顔』と言われるほどなかなかパンチが効いた顔なのですが、劇場版ではちょっとした男前と、

別人やんっ!?

とツッコミを入れたくなるレベル(画像は劇場版)
一応、設定ではテレビ版の鉄郎が成長した姿らしいですが。

また、テレビ版が人間社会の良い部分も悪い部分も深く描いているのに対し、劇場版は冒険と青春要素が強くなっています。

僕は劇場版を先に観たため、テレビ版の鉄郎の見た目と違いと人間社会の負の部分を描いた部分がちょいと衝撃が強かったです。

 

第3位:ルパン三世

f:id:suyamatakuji:20170323152351j:plain

ルパン三世はモンキー・パンチ原作の漫画を原作とした1971年放送開始のハードボイルドアクションアニメ。

怪盗ルパンの孫であるルパン三世とその一味の活躍を描いた作品。

定番の赤ジャケット・2015年に放送された第4シリーズの青ジャケットとも違う70年代は緑ジャケットのルパン。

特に第1シリーズは大人向けにコメディ色を抑え、他シリーズよりもハードボイルと要素を強くしているのがお気に入り。

陽気なルパンもいいけれど渋いルパンはもっとイイ!

特に渋い声を出しているときのルパンは、栗田貫一さんもいいけれど初代の山田康雄さんが一番かなと。

ちなみに、ルパン映画で一番有名な宮崎駿監督『カリオストロの城』も70年代の緑ジャケット時代の作品です。

 

第2位:未来少年コナン

f:id:suyamatakuji:20170323152404j:plain

未来少年コナンはアメリカの小説を原作とした1978年放送開始のSFアクション冒険活劇アニメ。

宮崎駿が初めて監督をした作品としても有名です。

最終戦争が勃発し、多くの都市が海中に沈んだ20年後の残された人間の物語。

その一人コナンを中心にストーリーが展開していきます。

未来少年という割りにコナンがとにかく元気!

田舎のわんぱく小僧以上に走り回るわは格闘するわは海に潜るわと。

というより、

高いビルから飛び降りても足がしびれる程度で済む(ものすんごいしびれますが)

など、もはや超人レベルの身体能力です(笑)

この辺のコミカルな動きは後の宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』や『となりのトトロ』『紅の豚』などにしっかりと引き継がれていますね。

また、コナンの行動原理やヒロイン:ラナに対する思いなどが

とにかくピュア

ここまでストレートなアニメは最近は見ないですね。

 

第1位:機動戦士ガンダム

f:id:suyamatakuji:20170323152418j:plain

機動戦士ガンダムは1979年放送開始のアニメオリジナルのSFロボットアニメ。

2000年代に入っても続くガンダムシリーズの第1作目ですね。
そのため、ファーストガンダム・無印と呼ばれることも。

それまで流行っていた『マジンガーZ』や『ゲッターロボ』などのスーパーロボットものとは違うリアルロボットもののパイオニア。

まあー、

ガンダムを筆頭とするモビルスーツ(ロボット)がカッコイイ!

ですよね~

子供の頃は1年戦争やニュータイプといった物語の詳しい部分は全然分からなかったのですが、このモビルスーツのカッコよさに魅了されていましたから。

そして、大人になって再度観たら今度は物語の設定が楽しめる!(あとシャアのカッコよさも)
一粒で二度おいしい作品ですな。

ガンダム好きの中にもこのファーストガンダムを観たことがない人が多いですが、ぜひとも一度は体験して欲しい作品です。

 

1970年代の昔懐かしアニメおすすめランキングまとめ

1970年代の昔懐かしアニメは再放送視聴のみとはいえ、思っていた以上に記憶に残っている&大人になって再度視聴した作品が多いですね~。

さらに多くなる80年代・90年代・2000年代はさらに多くなり迷いそう(汗)

そこら辺は前半と後半で分けようかな。

以上、『再放送で心を鷲掴み【1970年代】懐かしアニメおすすめランキング』でした。