すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・漫画・エンタメがテーマの動画解説付きブログ

【昔懐かしの名作】1970年代漫画おすすめランキング

f:id:suyamatakuji:20170713112032p:plain

古いマンガは漫画喫茶に通っている時に読み漁ったすやまたくじです。
今回はその中でも一番古いランキングを。

なお、1960年代マンガは『ゴルゴ13』ぐらいしか読んでなかったため断念しました。

動画解説:昔懐かし名作揃いの1970年代漫画おすすめランキング(約8分半)

1970年代漫画おすすめランキング

ここでは連載開始のタイミングが1970年~1979年の作品に絞り比較しました。

その中から特に好きな5作品をおすすめ人気ランキング形式で紹介します。

第5位:三国志

f:id:suyamatakuji:20170713112559j:plain

横山 光輝(よこやま みつてる)さんにより潮出版社『コミックトム』などで1971年~1987年まで連載されていた歴史ものマンガ。

エーゼット制作でテレビアニメ化もされ、1991年10月~1992年9月までテレビ東京系で放送されました。

タイトル通り中国の三国時代を舞台とした作品。

劉備や蜀を中心に黄巾の乱~蜀の滅亡までを描いた壮大ストーリーとなっています。

僕の三国志の知識はこの横山光輝『三国志』と光栄(現:コーエーテクモゲームス)の歴史シミュレーションゲーム『三国志シリーズ』から学んだと言っても過言ではない。

そのため、他の三国志作品を読むまで、劉備は魅力だけの普通の人と勘違いしていたぐらいに(笑)

聖人君子な性格は『三国志演義』の設定で正史ではもっと人間臭い性格。

また、

曹操も漫画ではイマイチだけどゲームだと能力値高けなぁ~

と思っていましたしw

曹操の印象については同じ三国志をテーマにした漫画で曹操を主人公とした『蒼天航路』でガラリと変わりましたね。

 

第4位:うる星やつら

f:id:suyamatakuji:20170713112630j:plain

高橋 留美子(たかはし るみこ)さんにより1978年~1987年まで小学館『週刊少年サンデー』で連載されていたSFギャグ・ラブコメ漫画。

スタジオぴえろ制作などでテレビアニメ化もされ、1981年10月~1986年3月までフジテレビ系列で放送されています。

当時では斬新な展開と個性的なキャラクターが1980年代以降のマンガやアニメに影響を与えた作品。

たしかに言われてみると1970年代に始まった作品という感じがしないですね。

アニメの再放送を観て原作マンガを読んだこともあって、もっと後の作品というイメージがあります。

また、うる星やつらのラブコメ展開はサンデーを中心に現在のラブコメ漫画にも受け継がれています。

浮気した主人公にヒロインがキッツイお仕置きをするなど(笑)

そして、キャラの多さですよね~

よくもまあ、こんなに次々と個性的なキャラが出て来るなと。

これについては『うる星やつら』以降の高橋留美子作品でも健在ですね。

 

第3位:コブラ(COBRA THE SPACE PIRATE)

f:id:suyamatakuji:20170713112820j:plain

寺沢 武一(てらさわ ぶいち)さんにより1978年~1985年まで集英社『週刊少年ジャンプ』で連載されていたSFアクション・スペースオペラ・ハードボイルドマンガ。

東京ムービー新社制作『スペースコブラ』のタイトルでテレビアニメ化もされ、フジテレビ系列で1982年10月~1983年5月まで放送されました(その他にも映画やOVAなどで何度かアニメ化)

また、1986年以降も『スーパージャンプ』など掲載誌を変えながら断続的に何度か連載されています。

上の画像のようにアメコミ風タッチのハードボイルドな絵柄が一際目を引く作品。

これが少年ジャンプで連載されていたなんて(笑)

左腕にサイコガンを仕込んだ海賊コブラがカッコイイんですよね~

普段は冗談ばかり言うとぼけた三枚目なのに、ここ一番ではハードボイルドヒーローの顔をのぞかせる。

このギャップにやられた作品です。

 

第2位:キャプテン

f:id:suyamatakuji:20170123145748j:plain

ちばあきおさんにより1972年~1979年まで集英社『月刊少年ジャンプ』で連載されていた中学野球漫画。

エイケン制作でテレビアニメ化もされ、日本テレビ系列で1983年1月~7月まで放送されました。

漫画喫茶ではじめて読んだ時、その面白さに満喫の時間を何度も延長を行い、ついに満喫で夜を明かして1日で全巻読んだ作品。

『巨人の星』の影響でそれまでは魔球や熱血といったスタイルが主流だった時代に、欠点だらけの等身大の主人公たちが仲間と一緒に努力しながら成長していくという物語。

特別絵がうまいわけでもなく、今のリアル志向の野球マンガと比べると技術や試合展開は大味。

でも、

読むとなんだか熱くなる!

作品なんですよね~

アニメ版『キャプテン』の歌の歌詞にあるように、

それが青春なんだ

って、ことなんでしょう(笑)

また、主人公がキャプテンで、古いキャプテンが引退して新しいキャプテンに代わると主人公が変わるというスタイルも斬新でした。

ちなみに、最初の主人公&キャプテンの谷口を中心に描いたスピンオフ作品『プレイボール』も週刊少年ジャンプで1973年~1978年まで連載されました。

 

第1位:キン肉マン

f:id:suyamatakuji:20170627110135j:plain

ゆでたまごさんにより1979年~1987年まで集英社『週刊少年ジャンプ』で連載されていたギャグありのプロレス系格闘マンガ。

東映動画制作でテレビアニメ化もされ、日本テレビ系列で1983年4月~1986年10月まで放送されています(その後、1991年10月~1992年9月までキン肉マン キン肉星王位争奪編も放送)

また、1997年~2011年に息子を主人公としたキン肉マンII世を連載し(こちらも2002年~2006年に三度アニメ化)、その終盤の2010年にキン肉マンを復活し、再度続きから連載を開始するという珍しい作品。

そのためか、キン肉マンもあまり古さを感じないのですよね~

人間を超越したキン肉マンたち超人が敵味方に分かれて熱いバトルを繰り広げる。

ゆでたまご先生から生まれた超人はもちろん、一般読者からの応募から生まれた超人にも魅力的なキャラが数多くいる。

そんな超人達が繰り出す必殺技も強烈なインパクトがあるものばかり!

このブログでも何度も登場しているように今なお楽しめる作品です。

>>キン肉マンの個別記事を読む

 

昔懐かしの1970年名作漫画おすすめランキングまとめ

1970年代は世代が違うので読んでいる作品は少ないかなと思ったのですが、意外と調べてみると1970年~1979年にも読んだことがある昔懐かしの名作が多いですね~。

とりあえず、最後までランキングに入れようかどうか迷った作品だけでも、

  • リングにかけろ
  • がんばれ元気

などがありました。

これは1980年代になったらさらに多くなり、絞るに苦戦しそうです(笑)

>>ランキングで紹介した漫画を電子書籍でチェックする

>>アニメ版を動画配信サービスでチェックする

>>無料マンガアプリで探してみる

>>1970年代アニメおすすめランキングを見る