読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すやまたくじの言いたい放題

アニメ・漫画・エンタメがテーマの動画付きブログ

ライトノベルが小説に勝てない2つの理由

ライトノベルコラム ライトノベルコラム-ラノベ雑記

f:id:suyamatakuji:20170106161445p:plain

ラノベも小説も読むけれど、より好きなのはライトノベルのすやまたくじです。
今回はそんなラノベと小説に関するお話。

すでに売上では小説を超えているライトノベル

読まない人からは小説の下に見られがちなラノベ。
が、すでに小説よりライトノベルの方が売れています。

例えばオリコンランキングを見ると、2016年で一番売れた小説は『ハリー・ポッターと呪いの子』で約49万部。

ちなみに日本の小説で一番売れたのは2位の『君の膵臓を食べたい』で約45万部。

f:id:suyamatakuji:20170106164816j:plain

2016年に一番売れたライトノベルは『小説 君の名は。』で約141万部と圧勝。

f:id:suyamatakuji:20170106164837j:plain

いや、『君の名は。』はラノベじゃないでしょ!という反論があるかもしれませんが、それなら完全なライトノベルである2位の『この素晴らしい世界に祝福を!』でも約117万部とこちらでも圧勝。

f:id:suyamatakuji:20161231152144j:plain

>>この素晴らしい世界に祝福を!の個別レビューを見る

これは上位だけでなく、1~10位の2016年オリコンランキング全てに共通すること。
どの順位でもラノベが小説の売上を完全に上回っています。

 

ライトノベルが小説に勝てない2つの理由

売上はラノベが完全に上。
しかも、2位の『君の膵臓をたべたい』のように表紙をライトノベルに寄せてきている小説なんかもありますしね。

なのに、

世間的な評価はまだまだ小説の方が上。

『アメトーーク!』というバラエティー番組で『読書芸人』という企画が行われていますが、そこで取り上げられるのは小説ばかりでラノベは一切なし!

それには2つの理由があると思います。

ラノベが勝てない理由1:名称が悪い

僕ずっと思っていたんですよ。
ライトノベルという名称が悪いんじゃないかと。

なんかこの名称だけを見ると『軽い小説』って感じがしません?
この影響でよく知らない人はライトノベル=子供が読むものというイメージがあるんじゃないかなと。

ライトがまずかったですよね~

一体だれがこんな名称にしたのか。
これが違うだけでもずいぶんと世間のイメージは違ったんじゃないかなと思います。

 

ラノベが勝てない理由2:評価する側にお年寄りが多いから

これはライトノベルに限らず、アニメや漫画にも共通することですが、評価したり世間の常識を作っている側にラノベを理解できないお年寄りが多い。

人間は環境に大きく影響を受ける生き物で、さらに子供の頃の環境はその後の人生に影響する。

で、お年寄りが子供の頃はライトノベル・アニメ・漫画はまだ盛んじゃなかった。
特に僕より上の世代はまだラノベは登場していなかったのではないでしょうか?

そりゃ理解できない人が多くて当たり前ですって!

世間の常識や流れを作るのはテレビ・新聞・ネットなどのメディア。
そして、そのメディアの方針を決めるお偉いさんはお年寄りが多い。

そりゃラノベより小説がプッシュされますって!

ただ、こういったお年寄りはどんどん引退していきます。
ライトノベルを支持している層が偉くなったとき、この状況はガラリと変わるでしょう。

というか、すでにアニメや漫画はリアルの映像や本より評価されつつありますからね。
その流れに乗れば、ラノベも思ったより早く評価されるかもしれませんね。

とまあ、今回のライトノベルが小説に(今のところ)勝てない2つの理由は以上となります。

ではではまた。