すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・漫画・エンタメがテーマの動画解説付きブログ

紙の本には出版業界の闇と既得権益が詰まっている

f:id:suyamatakuji:20170127100833p:plain

出版業界を中心になぜ電子書籍より紙の本に力を入れるのかずっと不思議に思っていたすやまたくじです。
今回はそんな出版業界の闇について。

紙の本より電子書籍の方が利益が大きいはず

電子書籍に変えたら読書量が3倍にアップした3つの理由』の記事でも書いた通り、僕は効率面と金銭面から紙の本より電子書籍派。

ただ、普通に考えたら出版業界なども紙の本より電子書籍をプッシュするはずなのですよ。

だって、

電子書籍の方が利益が大きいはずだから

というのも、電子書籍の方が圧倒的にコストが安いから。
紙の本みたいに製本したりそれを問屋や店舗に運ぶ必要がありませんからね。

製作費・運送費・在庫管理費などのコストが電子書籍だと全部なくなる。
となれば、1冊の本を作るコストはかなり下がります。

実際、アメリカなどでは同じ本でも電子書籍だと紙の半額以下の定価というのも珍しくありませんからね。

なのに、日本では紙の本と電子書籍の定価はほとんど差がない(特に一番売れているマンガが)

ほぼ定価が変わらないのなら圧倒的にコストが安い電子書籍を売った方が普通なら出版業界などは利益が大きいはずなのです。

 

なのに、出版業界は電子書籍より紙の本に力を入れている

利益は電子書籍の方が多い。
なのに、出版業界は紙の本の販売に力を入れている。

業界関係者がSNSで電子書籍や紙の本での購入を呼び掛けたり、作品の人気は紙の本の売上で判断するなど公言したり。

また、雑誌やコミックスによっては紙の本だけ特典を付けることも多い。

これは週刊少年マガジンで行われた紙の本のみに袋とじを付けるといった企画。

電子版ではこの袋とじは収録されておらず、さらに人気作品『はじめの一歩』は毎回収録されてない。

袋とじも収録作品も少ないのに紙と電子版が同じ価格ってっ!?

電子書籍派への嫌がらせとしか思えない仕打ちです。

 

なぜ出版業界は電子書籍に力を入れないのか?

結論から言うと、

紙の本には既得権益が詰まっている

から。

日本の出版業界は独特の流通システムで成り立っています。
出版社で本を作り、それを取次と書店へとさばく。

まずこの流通システムにマージンなどの既得権益が潜んでいます。
次にこちらも日本独特の返品制度。

書店は並べて売れなかった返品することができます。
他の業界では商品を並べて売れなかったら在庫リスクを抱えることになりますが、本屋にはそれがないというわけです。

大型書店が成立しやすいのもこのため(家賃リスクは増えますが)
そして、この返品制度は書店だけでなく出版社にとってもメリットがあります。

それは書店に営業しやすい・帳簿上の黒字を作りやすいという点。

つまり、

出版社・取次・書店が癒着することでそれぞれを守っている

というわけですね。

 

出版業界の作戦がハマっているから

紙の本を売りたい出版業界はそっちがんがんプッシュする。
アメトーーク!の読書芸人など、テレビでも紙の本の良さをアピールしたりしています。

紙の手触りやにおいがいいといった感情部分に訴えたりして。
それが見事にハマって電子書籍業界が伸び悩み。

まだまだ紙の本が売れているからと出版業界はさらにアピールしまくるというわけです。

 

いずれ電子書籍が必ずメインになる

今は出版業界のがんばりで抑えこまれている電子書籍ですが、いずれ必ずメインとなります。

その理由は、

資源・利便性・世代交代

の3つですね。

まず紙の本だと当然紙などの資源を消費します。
これは資源不足・エコといっている現代に逆行していますよね。

さらに、電子書籍はスマホ1つでどこでも読めるなど利便性も上。
ガラケーがスマホに取って代わられたように、便利なものはいずれ世界に浸透していくのもの。

そして、本を紙で読む人が多いのは上の世代(逆に電子書籍は下が中心)
上の世代はいずれいなくなるわけですから、その時は紙と電子書籍の利用率も変化する。

 

結論

紙の本で一番得をしているのは出版業界。
この流れを変えるためにもサッサとみんな電子書籍に変えましょう。

以上、『紙の本には出版業界の闇と既得権益が詰まっている』でした。

ではではまた。

>>紙の本よりお得なおすすめ電子書籍ストアサイト徹底比較を見る