読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すやまたくじの言いたい放題

アニメ・漫画・エンタメがテーマの動画付きブログ

YouTubeなどの動画を使って声優になる方法を紹介します

声優コラム 声優コラム-声優志望ノウハウ

f:id:suyamatakuji:20170213113434p:plain

まさかこんな絞られたジャンルで質問がくるとは予想してなかったすやまたくじです。
今回はそんな質問に答えた内容になっています。

動画解説:YouTubeなどの動画を使って声優になる(約7分)

こんな質問がきました

前に『【現代版】声優になる成功率を上げるための3つの戦略』という記事を書きました。

そしたら、まさかTwitterから質問がくるとは(驚)
声優志望を対象とした絞られた内容だったので、正直反響があるとは思ってなかったので。

しかも、このブログ初の質問だし。
何事もやってみるものです。

さて、この記事では声優になるための戦略を書いていたのですが、その中にYouTubeやニコニコなどの動画を使った戦略。

ここについて詳しく知りたいと質問があったので、今回はそれについてさらに詳しく書いていきたいと思います。

もちろん、僕が声優がやっていたときはこういったサービスはありませんので、あくまでこれから目指すと仮定した上での戦略になります。

 

基本編:声優の練習に利用する

基本編は声優の練習にYouTubeなどの動画を利用しましょう!

発声・滑舌・演技など。
声優の卵ならこういった練習は毎日するはず。

その時に撮影して動画をアップしましょう。
練習の仕上げとして、最後に動画撮影のために本気モードで挑むのがいいでしょうね。

自分の良いところ悪いところを確認するのに一番良い方法が動画チェックすること。

僕は当時ボイスレコーダーでやっていましたが、動画の方が声だけでなく表情や動きのチェックもできますからね。

また、動画をYouTubeなどにアップすることで人に見てもらうことができます。
長く続けていればコメントがもらえたり、広告を掲載しておけば少しですが収入も入ってきます。

始めはうまくいかず完成度の低さに落ち込むと思いますが、続けていくうちにうまくなるので最初はヘタでもそのままアップしましょう!

うまくなるためにはたくさん恥をかく

ことが大事ですから。

僕も未だに納得がいく動画は撮れませんし、10年以上も声優の練習をしていなかったので最初は発声すらまともにできなかったですから(笑)

 

応用編:YouTubeにブログを絡める

基本編がある程度できるようになったら次は応用編も絡めていきましょう。

基本編もやりつつ応用編もやる形、つまり1日にアップする動画を2つに増やすというわけですね。

具体的にはこのブログでやっている形を参考にしてください。
ブログを書いてその内容を動画で撮るという形ですね。

もちろん、内容は自分のオリジナルのものじゃないとダメですよ(笑)

ブログを絡める利点は2つ。
毎日新しい課題ができる&ブログでの知名度アップ収入アップも狙えるから。

声優のテキストなどではどうしても数が限られるし、何回もやり続けるとそのうちに慣れてしまう。

内容を覚えてしまったものを何回も練習するのは飽きますし、なにより動画を観ている側も飽きてしまいます。

それなら自分で毎日新しい課題を作ってしまうというわけですね。

声優の仕事はほとんど練習時間がなくいきなり演じないといけないときもあるので、そういった対応力をつけるのにも最適。

このパターンで動画を撮るときは一発勝負にしてさらに緊張感を高めるのもいいですね(失敗してもそのままYouTubeにアップ)

また、ブログとYouTubeでは利用している層も違う。
YouTubeだけでなく、ブログも行うことでさらに幅広いファン獲得が狙えるというわけです。

あと、ブログも広告を貼っておけば収益を狙えますからね。
動画とブログの両方がうまくいけば、バイトを行わずにこれだけで食べることだって可能。

バイトだと声優の仕事が入って急に休むときなどに困るのですよね~
動画やブログで食べれるようになればそんな心配もなくなります。

 

実戦編:漫画を絡める

さらに慣れてきたら漫画も絡めていきましょう。
具体的にはブログで書く内容を漫画の紹介する記事にするといった形ですね。

で、その中におすすめのシーンやセリフを入れる。
そして、それを動画で全力演じるわけです。

これはアニメでもできますが、アニメだとすでに声優がいるため、モノマネみたいになってしまうので、出来ればアニメ化してないマンガが理想。

声優ならではの出来ること。
こんなの普通の人がさむいだけですから(笑)

演技の練習もしつつさらに他のブロガーやユーチューバーとの差別化もできる

例えば、こんな感じですね。
『亜人ちゃんは語りたい』という作品を紹介するなら、

f:id:suyamatakuji:20170204145312j:plain

こうやって画像を入れて、その下にその作品の魅力を伝える記事を書き、さらにおすすめのセリフやシーン(自分が演じやすい基準で決めてもOK)を、

みんな傷つけあってるから私も傷つけていいなんて口にして恥ずかしくないの!?
陰口を言われて嬉しい人なんているわけないのに

といったような感じで入れる。

>>亜人ちゃんは語りたいのレビュー評価を見る

著作権があるので、ブログで漫画やアニメのセリフを利用するときはこんな風に引用の形にするのが基本ですね。

また、出版社や漫画家はネタバレを嫌うので、ブログでも動画でも見せるのは表紙だけにしておいて、中身は見せないようにしておいた方がいいですね。

そうしないと、せっかく作ったブログや動画が削除されてしまうこともあるので。

 

実戦編の応用

著作権を気にせずに絵をバンバン使いたいときは作者や出版社に許可を取るしかありません。

が、これはなかなか難しい。
知名度が上がると交渉によってはOKになることもありますが。

それなら、漫画家の卵を見つけてその人と組めばいいのです。
出版社と契約していないなら作者のOKがもらえるだけでいいですから。

専門学校に通っているのなら声優科だけでなく漫画科がある学校も多いですし、そうでなくてもネットで探せば見つかります。

声優の卵と漫画家の卵が組んで売れるために活動する。
ブログやYouTubeの人気が出てきたら本にして出版するのもいいかもしれません。

ちなみにその時の収入の配分は5:5にしておくのが商売を長く続ける鉄則です(笑)

 

まとめ

最初は動画で練習、慣れてきたらブログを絡め、さらに慣れたらマンガも絡める。

以上、『YouTubeなどの動画を使って声優になる方法を紹介』でした。

ではではまた。