読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・漫画・エンタメがテーマの動画解説付きブログ

2017年は声優業界が侵略される年になるかもしれない

f:id:suyamatakuji:20170118101742p:plain

2017年1月から声優業界の動きが気になるすやまたくじです。
今回は2017年は声優業界激変の第一歩になるかもしれないという話題を。

本職の声優以外のキャストが劇的に増えた

僕が2017年が声優業界激変の第一歩となるかもしれないと思っている理由は『君の名は。』の大ヒットが原因。

f:id:suyamatakuji:20170106164837j:plain

『君の名は。』は主演の2人以外も役者をキャスティング。
同じく2016年に話題になった『世界の片隅で』も主人公にのん(能年玲奈)さんをキャスティングしたことで話題となりました。

そして、そのどちらもヒット。
『君の名は。』ヒットの流れに乗って2017年は役者や有名人をキャスティングの流れが加速するんじゃないかと心配しているわけです。

ちなみに2017年はまだ1月だというのにこれだけの本職声優以外の人がキャスティングが発表されています。

  1. 美山加恋(プリキュア)
  2. 星野源(夜は短し歩けよ乙女)
  3. 内村光良(SING/シング)
  4. 清水富美加(龍の歯医者)
  5. 江口洋介(ひるね姫~知らないワタシの物語~)
  6. Perfumeあ~ちゃん(東京タラレバ娘)

1月時点でこれだけいるのですから今後さらに増えるでしょうね。

特に気になるのは『プリキュア』や『龍の歯医者』などのテレビアニメ。

ジブリの影響もあってアニメ映画は役者や有名人を使うことも多かったですが、テレビアニメではまだまだ少なかった。

それが2017年は増えそうな予感を感じさせます。
振り返ったら2017年がターニングポイントだった・・・そんな風に思うときがくるかもしれません。

 

役者や有名人をキャスティングする理由

監督によっては変なクセがついてないリアルな演技が欲しいからと言う人もいますが、これは建前だと思うのですよね。

それなら役者にだって実写ドラマや映画のクセがついているでしょう。
現実ではああいったシーンはありませんし、あんな風に喋ることもないのですから。

さらに、絵はアニメという非リアルなのに、演技だけリアルというのも僕はアンバランスでちっとも受け付けじ!

本当の理由は金ですね。

役者などの有名人をキャスティングすることで話題になる。
さらに日頃アニメを観ない層にも見てもらえるチャンスを増やしたいからでしょう。

 

日頃アニメを観ない人は本職じゃなくても気にしない

さらに日頃アニメを見ない人は声優が本職だろうとそうじゃなかろうが気にしません。

むしろ演技がうまかった!

なんていう人もいますからね。
そして、声優じゃないから叩く人は偏見だ!なんていう人も。

って、

日頃観てないなら本職と比べてうまいかどうかなんて分からないじゃん!

と僕なんかはツッコミたいですが。
正しく物事を判断するには、そのことに対する知識と教養が必要なのです。

とはいえ、日頃アニメを観ない層にとってはそんなの関係なし!というわけですが(汗)

 

声優業界が侵略されるシナリオ

アニメは金になる。

そう思うスポンサーが増えてきたら、例えばこんなことが起こるかもしれません。

現在人気ドラマが放送されている21時~23時の間にアニメを放送するテレビ局が出てくる。

そして、そのキャスティングは人気俳優や女優。
石原さとみやガッキー、三浦春馬や嵐がアニメの声優を担当する。

まあ、金になりますわな。
この人達なら番宣・CMなどのリアルな活動もバンバン行え、人を集めることもできるわけですから。

これが成功すれば、役者と声優の境目がなくなり、どちらもこなすのがスタンダードになるでしょうね。

 

侵略された後の声優業界の未来

仮に上のような流れで声優業界が侵略された場合、声優業界でもかなりルックスが重視されるようになります。

今でもこの流れはありますが、それがさらに加速する感じです。
今までは俳優や女優を目指すレベルのルックスの人が声優を目指すようになるでしょう。

役者と声優の境目がなくなるわけですから。

つまり、声優業界全体のルックスが上がる一方、声だけ良くても売れづらい時代になる。

これを良いと取るか悪いと取るかはあなた次第!

ちなみに僕は声優のルックスは気にせず声重視なので悪いと取ります!

とまあ、今回の『2017年は声優業界が侵略される年になるかもしれない』は以上となります。

ではではまた。