すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・漫画・エンタメがテーマの動画解説付きブログ

対馬をモンゴルから守り切れ!『アンゴルモア 元寇合戦記』本格歴史大河ロマン

  
最新アニメ特集を見る    最新マンガ特集を見る

f:id:suyamatakuji:20180512154115j:plain

歴史ものは大好物だけど鎌倉時代のものはあまり見たことがないすやまたくじです。
今回はそんな鎌倉時代の元寇を描いた漫画&アニメ『アンゴルモア 元寇合戦記』の感想レビュー評価・考察を。

動画解説:蒙古襲来、対馬戦!歴史ロマン:アンゴルモア 元寇合戦記(約14分半)

アンゴルモア 元寇合戦記とは?

  • ジャンル:元寇を描いた歴史、時代劇
  • 作者:たかぎ七彦
  • 掲載誌:サムライエース⇒KomicWalker
  • 連載期間:2013年~
  • テレビアニメ:2018年・7月~

流れ着いた対馬の地は更なる戦乱が待っていた。

1274年(文永11年)秋、鎌倉と京で起こった北条氏一門の内紛『二月騒動』で幕府に捕えられた主人公:朽井迅三郎(くちいじんざぶろう)は遠く対馬の地に流刑となった。

そこで待っていたのは後に文永の役と呼ばれるモンゴル帝国の1度目の元寇(げんこう)。

蒙古(もうこ)・高麗(こうらい)軍の大軍団の前に対馬の軍は少数。

圧倒的不利の中、この大戦を生き残ることはできるのか?

>>【試し読みOK】アンゴルモアも含む歴史漫画おすすめランキングへ

>>アンゴルモアを好きな電子書籍ストアで無料試し読みする

 

1274年の元寇:対馬侵攻から始まる物語

f:id:suyamatakuji:20171030175632j:plain

物語の開始直後に勃発するモンゴル帝国の1度目の元寇。

元寇とは鎌倉時代中期に起こった2度に渡るモンゴル帝国(当時中国やヨーロッパの一部も支配する大帝国)の日本侵攻のこと。

アンゴルモア 元寇合戦記はその1度目の1274年の文永の役を舞台としたもの(2度目は1281年の弘安の役)

元寇では九州を中心に色々な地を攻められるのですが、その最初となる対馬侵攻を描いたものとなっています。

日本人でも対馬で戦いが起こっていたことを知らない人も多いのではないでしょうか?

というか、僕は知りませんでした(汗)

歴史の教科書などでは九州北部の戦いをメインに2度の神風で撃退といったサラッとした解説ぐらいしかありませんからね。

ちなみにタイトルになっているアンゴルモアとはノストラダムスの予言に出てくる恐怖の大王のこと。

アジアからの侵略者:モンゴルの大王がアンゴルモアという説もあるらしいです。

 

対馬を守るのは少数の武士と流刑人

f:id:suyamatakuji:20180512154254j:plain

そんな対馬を守るのは地頭(じとう)の宗氏一族。

ちなみに、地頭とはその地を管理支配する役職のことです。

しかし、それまで外国の脅威がなかったこと、当時の対馬が落ち着いていたこともあってか宗氏の兵力総数は200ちょっと。

f:id:suyamatakuji:20180512154307j:plain

さらに、蒙古が対馬を素通りすると思い込み、トップの地頭代(じどうだい)宗助国(そうすけくに)を筆頭に昔話に華を咲かせるなど武士たちには緊張感がない始末。

対馬は強兵(つわもの)揃いだから・高麗国と対馬は長年親交があるから大丈夫!と勝手に都合の良い理由を並べて。

圧倒的に兵力で負けているのに何も対策を立てない最悪の状態。

f:id:suyamatakuji:20180512154329j:plain

そんな宗氏の中で危機感を持っているのが宗助国の孫娘であるヒロイン:輝日姫(てるひひめ)とその父。

死罪となるような囚人でも構わないから戦の役に立ちそうな者共がいれば流してくれと大宰府を通じて鎌倉へ要請。

さぁ、お前達。
この対馬のために死んでくれ

結果、朽井迅三郎を筆頭とした流人(りゅうじん)を戦力に組み入れたことで戦局が変わることとなります。

 

対するは蒙古・高麗(モンゴル帝国)の大軍

f:id:suyamatakuji:20180512154427j:plain

対馬側が200ちょっとの兵力に対し蒙古・高麗のモンゴル帝国軍の兵力は3万。

大艦も300用意するなど万全の状態。

もちろん、対馬側が勝手に期待していた素通りなどもなし。

f:id:suyamatakuji:20180512154444j:plain

守り切るぞ!!
一所懸命だ!!

結果、対馬側は常に圧倒的な数的不利で戦う状況を余儀なくされます。

ただ、モンゴル帝国は蒙古・高麗軍という名称からも分かる通り一枚岩ではありません。

モンゴルの他に今でいう中国・北朝鮮・韓国(高麗は当時の朝鮮半島を支配していた国)などの様々な部族が入り混じっているためですね。

そのため、各部族間での連携には不安がありますが、それぞれで功を競っているため大軍でありながら油断も少なく士気も高い。

そんな中、本作はモンゴル帝国を撃退するのではなく、対馬に留まっている9日間を主人公達が生き残れるかどうかの戦いです。

もちろん、登場人物達はそのことを知りませんが、作中ではその歴史が紹介され、随所に蒙古が去るまであと何日というタイムリミットが表示される形となっています。

 

アンゴルモアのアニメ版と原作漫画を比較

  • 放送期間:2018年・7月~
  • アニメーション制作:NAZ
  • キャスト:朽井迅三郎・小野友樹、輝日姫・Lynn、鬼剛丸・小山力也、宗助国・柴田秀勝、阿比留弥次郎・鈴木達央

まさかこの漫画がアニメ化するとは思わなかった。

というのも、日本であれば人気の戦国時代や幕末(江戸)、中国の三国志時代と比べても鎌倉時代は歴史的にあまり人気がないから。

元寇も名称は知っていても詳しくは知らない人が多いでしょうし。

さらに、昔のこととはいえ、モンゴル・中国・北朝鮮・韓国 VS 日本ですからね。

アニメ化するにしてもスポンサーが付かないかなと思ってました。

f:id:suyamatakuji:20180512154136j:plain

それがアニメ化するだけでなく、PVを観る限りは作画の方もかなり気合が入ってる。

本格歴史大河ロマンと名乗っているのは伊達じゃなさそうなクオリティ。

特にマンガ版と比べるとバトルの迫力とスピード感がググッと増している印象。

やはり動きにおいてはアニメですね(しかも年々クオリティ上がっていくし)

f:id:suyamatakuji:20180512154147j:plain

さらに、キャラクターデザインのベースはそのままに何人かのキャラはより魅力的になっています。

特に画像の輝日姫は艶っぽさが上がってますね~

原作でもその美貌で周りの目を引いてますが、アニメ版ではそれがさらに強化されているようで。

漫画と同じ服装なのにこっちの輝日姫の方が妙にセクシーに見えるw

>>アンゴルモアも含む2018年7月放送の注目夏アニメ一覧へ

>>アンゴルモアを好きな動画配信サービスでチェックする

 

アンゴルモア 元寇合戦記の独自評価・考察

歴史漫画・アニメの中でも隙間の時代とテーマ+メジャーどころの要素も混ぜてくる。

歴史ものは様々な種類がありますが、それでも鎌倉時代を舞台としたものや元寇をテーマとしたものは非常に少ない。

鎌倉時代はともかく元寇を扱ったもので有名なのはこのアンゴルモアが初めてじゃないですかね?

そんな日本の歴史の中でもマイナーなテーマを軸としつつ、メジャーな要素も混ぜているのがうまいな感じます。

日本が舞台の歴史ものでは珍しい対外国の元寇

f:id:suyamatakuji:20180512154515j:plain

歴史の教科書でもサラリと紹介される程度の元寇。

元寇の内容よりも神風の方が有名なぐらいではないでしょうか。

あまり見ない情報だからこそ、そこをガッツリと扱っているだけでもかなり新鮮。

特に幕末以前の日本の歴史の中では珍しい対外国との戦いというのも大きいですね。

上の画像の

未知の相手同士だった
武士は各々で戦う為、各々で間合いを取る

集団で戦う蒙古は密集する
互いの得物の違いがそれを物語っていた

この一説に日本とモンゴルで戦い方がまるで違うことが示されています。

もちろん、言葉も通じないので意思疎通もうまく行えません。

初期はこの戦い方や言葉の違いで戦がかみ合わないという事態も発生しますし。

戦がかみ合わないなんて他の歴史ものじゃそうそう見られない場面ですからね。

f:id:suyamatakuji:20180512154531j:plain

『大将軍の一人 宗右馬次郎に右乳の上を射られて馬より落ちる』

『宗助国と弥次郎に射られて逆さまに落ちる者 数十人』

『宗軍の矢に当たる異国の兵 数知れず』

(「八幡愚童記(はちまんぐどうき)」より)

こういった異国との戦いを史実の記録も交えながら描いていく。

架空の人物(モデルはいる)の主人公を筆頭に流人を軸に戦わせるなどフィクション性が高いのかなと思いきや、実在の人物や歴史を混ぜることで史実性も高めています。

f:id:suyamatakuji:20180512154544j:plain

また、蒙古・高麗のモンゴル帝国の侵略や略奪も苛烈に描いているのも特徴。

この辺は同じ国同士でもハード描写が多いですが、国が違うとそれがさらに苛烈になりやすいですね。

慈悲もなければ遠慮もなし(そもそも言葉が通じませんし)

文化的に価値がありそうな建物なんかも躊躇なく燃やしたりもします。

もちろん、反撃する日本側もそれは同じです。

 

鎌倉時代の日本だけでなくモンゴル・中国・朝鮮の歴史も分かる

f:id:suyamatakuji:20180512154619j:plain

物語の舞台は対馬とはいえ、登場人物の回想やサブキャラクターの視点で当時の鎌倉や京、博多などの土地も出てきます。

鎌倉中期を扱ったマンガやアニメは少ないのでこれだけでもなかなか貴重な存在。

メジャーな戦国や江戸時代とはまた違った暮らしをしていますね。

f:id:suyamatakuji:20180512154637j:plain

また、防人(さきもり)の誕生秘話などの昔の歴史が出てくることも。

元寇よりも前の飛鳥時代663年に日本が唐と戦っていたというのも出てきますが、この辺も全く知りませんでしたね(汗)

多分、僕の頃の教科書には載ってなかったと思います。

f:id:suyamatakuji:20180512154654j:plain

あとはモンゴル帝国の歴史や当時の内情も出てくるのもなかなか珍しい。

モンゴル帝国やチンギス・カンって有名な割には日本ではあまり創作物になっていませんから。

ゲームや小説でチラホラあるぐらいじゃないですかね?

f:id:suyamatakuji:20180512154848j:plain

当時モンゴル帝国を訪れた修道士はこう記している

「全てのモンゴル人は“降伏者以外との講和を禁ず。我らで世界を支配せよ”との太祖(チンギス・カン)より伝わる命令を帯びている」と

独立心の強い遊牧民の族長達を従わせるには常に略奪の機会を与え続けなければならなかった

モンゴル人に生まれたチンギスカンは生涯その「務め」を果たし続けたのだ

それはいつしか天神(テングリ)から下された崇高なる使命と位置づけられ「チンギス統原理」という信仰にまで発展した

すなわち―――世界征服信仰である

成就するその日までユーラシア大陸に破壊と虐殺が止む事は決して無い

奴隷達の列は地平線まで続いていた

とまあ、ちょっと長いですがモンゴル帝国がどうして遠くヨーロッパや海を越えて日本にまで侵攻しようとしていたのが分かる一説。

また、歴史的に有名なチンギス・カンの支配者としての考え方の一部も分かります。

f:id:suyamatakuji:20180512154717j:plain

「率先服属」とは皇帝(カアン)に服属した者から優遇するというモンゴル帝国の慣習である

先に服属した部族は遅れた部族よりも高い地位を得るべきとされたのだ

つまり早い者順である

モンゴル帝国は今のモンゴル国とは領地の広さも違い、中国や高麗(今の北朝鮮と韓国)も支配下に置いている状況。

そのため、そういった国の歴史や内情も出てきます。

画像の率先服従(そっせんふくじゅう)など、これらの国とモンゴルとの関係もなかなかに大変そうで…。

ちなみに画像でクワッと叫んでいるのは5代皇帝:クビライ・カアン(フビライ・ハーンと表記されることも)です。

歴史面は他の漫画やアニメで描かれていない情報が満載ですね。

 

源義経や源氏や平家も物語に絡んでくる

f:id:suyamatakuji:20180512154750j:plain

とまあ、鎌倉中期の日本や当時のモンゴル・中国・北朝鮮・韓国の歴史が分かるとはいえ、やはりこの辺はマイナーどころ。

人気があれば、そもそももっと作品が多いですし。

なので、この辺に興味がないとなかなか読んでみようとならないと思いますが、何気にメジャーどころの歴史も混ぜているのがアンゴルモアの魅力の一つ。

それが源氏と平家ですね。

宗一族やヒロインの輝日姫が平家と関係があり、朽井迅三郎は源義経が残したと言われる兵法『義経(ギケイ)流』の使い手。

時代を超えて平氏と源氏が共闘するという憎い演出w

f:id:suyamatakuji:20180512154810j:plain

また、その中でも作中でちょいちょい名前が出てくるのが源義経。

本人が登場する場面も出てくるほど存在感が強いキャラクター。

f:id:suyamatakuji:20180512154823j:plain

さらに、相手の兵士の中にも義経流の使い手がいるという謎の展開。

日本には源義経=チンギス・カン説もあり、その説では死んだとされる義経が蝦夷地(今の北海道や樺太など)から大陸に渡ったとされていますが、その辺と何か関係があるのか?と思わせる演出。

この源義経や平家や源氏、これらがどう物語に関わってくるのかも気になる作品です。

 

アンゴルモア 元寇合戦記のひとこと感想まとめ

アンゴルモア 元寇合戦記は他ではあまり見ない珍しいテーマにメジャーどころの要素も加えた歴史作品。

>>【試し読みOK】アンゴルモアも含む歴史漫画おすすめランキングへ

>>アンゴルモアを好きな電子書籍ストアでチェックする

>>アニメ版を好きな動画配信サービスでチェックする