すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・マンガのブロガー&ユーチューバー

チア部の青春日常萌えコメディ漫画『アニマエール!』

f:id:suyamatakuji:20181101122344j:plain

チアって知っているようで知らないと改めて感じたすやまたくじです。

今回はそんなチアをテーマにした漫画&アニメ『アニマエール!』の感想レビュー評価・考察を。

動画解説:チア部の青春日常コメディ漫画『アニマエール!』(約5分)

アニマエール!とは?

f:id:suyamatakuji:20181101122403j:plain

  • ジャンル:4コマ漫画、チアリーディング、学園青春、日常コメディ、萌え
  • 作者:卯花つかさ
  • 掲載誌:まんがタイムきららキャラット
  • 連載期間:2016年~
  • 他にテレビアニメ版もあり

その日見た光景は…わたし、鳩谷こはねの世界を…大きく…変えた!

人助けが好きな少女が出会った人を応援するというスポーツ。

その名もチェア!…ならぬチアリーディング!

人を応援するための人の力になれるスポーツとの出会いが少女たちの運命を変える。

>>【試し読みOK】アニマエール!も含むコメディ漫画おすすめランキングへ

>>アニマエール!を好きな電子書籍ストアで無料試し読みする

 

チアに魅せられた主人公がチア部創設を目指す

f:id:suyamatakuji:20181101122431j:plain

【こはね】私…やりたいこと見つけた!

その名も…チェア!

【宇希】(イス!?)

主人公:鳩谷(はとや)こはねは人助けや人を応援することが大好きな底抜けに明るい女の子。

そんなこはねで川原でたまたま出会ったチアリーディング。

チアに魅せられ、高校でチア部に入る予定だったのですが入学した高校にチア部はなかった…。

ないなら作ればいいじゃない。

そんな時、こはねがあの川原で見たチアチームの一人:有馬ひづめが同じ高校に入学していたを知る。

チア部創設のため、まずは経験者の有馬と幼馴染の宇希を部活に誘うが断られてしまう。

こはねの部員集めの戦いがここから始まる!

 

ノリは日常コメディ+青春チア

f:id:suyamatakuji:20181101122503j:plain

【こはね】二人で頑張ろう!(膝をガクガクさせながら)

【有馬】ハラハラして話が頭に入ってきません…!!

とまあ、最初の流れだけ見ると本格チア漫画という感じがしますが、全然そんな青春スポ根なノリではありません(笑)

むしろ日常コメディなノリですね。

有馬をチア部に勧誘するときもシリアスで青春なノリでぶつかりますが、4コマ漫画らしく最後は笑いでオチていますしw

普段は学園や部活の日常を、そこに本格的なチアの活動も入れてくる。

そして、それらをコメディと萌えタッチで描くのがアニマエール!という漫画です。

 

アニマエール!のアニメ版と原作漫画を比較

  • 放送期間:2018年・10月~
  • アニメーション制作:動画工房
  • キャスト:鳩谷こはね・尾崎由香、有馬ひづめ・山田唯菜、猿渡宇希・井澤美香子、舘島虎徹・楠木ともり、牛久花和・白石晴香

アニメ版は原作漫画の3巻までを描くでしょう(アニメ化した時点で3巻が出たばかりだったのでw)

f:id:suyamatakuji:20181101122523j:plain

アニメは原作4コマ漫画にはない動きで魅せる!…と思ったのですが、今のところはあまりチアの動きに力を入れているように感じませんね。

狙っているのか低予算で仕方なくそうしているのかは分かりませんが…。

f:id:suyamatakuji:20181101122540j:plain

逆に日常パートでは原作以上に動きにこだわり、原作にはない演出もバンバン入れています。

むしろ逆じゃ?とも思うのですが、もともとがそんなスポ根青春ものでもないので日常に力を入れるのは間違ってないのかもw

ただ、萌えや可愛さが上がっている分、原作のようなテンポの良い笑いのキレ味が落ちているのがざんねん。

アニメに関しては視聴後にまた感想や情報を追加します。

>>アニマエール!を含む日常コメディアニメおすすめランキングへ

>>アニメ版を好きな動画配信サービスでチェックする

 

アニマエール!の独自評価・考察【ネタバレ注意】

ここではアニマエール!の魅力を三つに絞って解説。

その三つに注目して感想・評価・考察を語っていきます。

 

チア部員5人を中心とした笑い

f:id:suyamatakuji:20181101122613j:plain

(宇希がこはねを肩車した状態)

【有馬】こはねさん、足をしっかりと固定してください

【こはね】こ…こうかな!?

【宇希】ありがとうございます!!

【花和】宇希、お礼言わない!!

チア部の面々は、底抜けに明るいこはね・まじめで天然なチアの天才:有馬・恥ずかしがり屋で毒舌な虎徹・お母さん的な百合の宇希と妹的な百合の花和(かな)の個性的な5人。

この5人がチアに笑いに萌えに魅せるのがアニマエール!の魅力。

原作は4コマ漫画ということもあり、笑いが特に目立ちますねw

手数が多く、最後はキッチリと落としてくるといった感じで。

全員がボケもツッコミもこなすというトーク力ありな5人組となっていますw

f:id:suyamatakuji:20181101122630j:plain

【有馬】レッツゴー!ビクトリーズ!!

あ、あの人…声超でっかい

日常パートはもちろん、チアの本番シーンでも笑いを入れてくる。

どんな場面でも積極的に笑いを取りにくる。

それがアニマエール!

 

きらら系らしい萌えも忘れない

f:id:suyamatakuji:20181101122644j:plain

アニマエール!は萌え作品が多いことで知られるきらら系マンガ。

もちろん、他のきらら系作品と同じく随所に萌え要素も入れてくる。

まず主人公がピンク髪ですしねw

きらら系には欠かせない百合要素もしっかりと入っている。

しかも、主要キャラ5人中2人が百合属性持ちと比率も高め。

f:id:suyamatakuji:20181101122658j:plain

アニメ版の解説でも触れましたが、キャラの可愛さや萌え要素はアニメ版ではさらに強化されていますね。

笑いよりも萌えや可愛さが欲しい!

そんな人は原作漫画よりもアニメ版がおすすめ。

 

チアの情報も本格的

f:id:suyamatakuji:20181101122724j:plain

テーマであるチア描写も忘れない。

チア部を舞台にした日常コメディと見せかけて、チアの方も力を入れている。

メンバーが揃ってからはよくチアの活動が増えますし、専門的な技やフォーメーションなどの情報も随所に入れてくる。

誰もが一度は聞いたことであるであろうチアの掛け声なども。

あれが具体的になんて言っていて、どういう意味があるかなんかも分かる。

スポ根青春ものとまでは言えませんが、初心者がチアの楽しさを覚えていくゆるい部活的なノリはある作品です。

 

アニマエール!の感想・評価・考察まとめ

アニマエール!はゆるいチアと百合要素、そして手数の多い笑いと萌えが楽しめる漫画。

>>【試し読みOK】アニマエール!も含む日常系漫画おすすめランキングへ

>>アニマエール!を好きな電子書籍ストアでチェックする

>>アニメ版を含む日常系アニメおすすめランキングへ