すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

アニメ・漫画・エンタメがテーマの動画解説付きブログ

涙の降水確率80%以上。泣ける感動・青春系漫画おすすめランキング

  
最新アニメ特集を見る    最新マンガ特集を見る

f:id:suyamatakuji:20180113103903p:plain

恋愛やスポーツなどの熱い展開はもちろん、人情話や日常のちょっとシーンと幅広く泣けるすやまたくじです。
今回はそんな涙の降水確率が高い感動系・青春系マンガのオススメランキングを。

動画解説:泣ける青春・感動系漫画おすすめランキングの注目作

【随時更新】泣ける感動・青春系漫画おすすめランキング

人間ドラマ・恋愛・スポーツ・バトルなどジャンルを問わずに泣ける感動や青春が詰まった名作マンガを比較。

その中で特に好きな作品をおすすめ人気ランキング形式にまとめました。

漫画を読むのにおすすめな電子書籍(無料本や読み放題もあり)

総合力が高い『Booklive!』と『eBookJapan』なら、ほぼ全作品がPC・スマホどちらでもアプリをインストールしなくても無料試し読みOK

>>無料試し読みもできるお得な電子書籍ストア徹底比較ランキングへ

>>その他のジャンル別・年代別のオススメ漫画ランキングへ

【11位~12位】青春&泣ける感動系漫画おすすめランキング

12位:いぬやしき

f:id:suyamatakuji:20180113142828j:plain

  • 青年漫画SF
  • イブニング:2014~2017年・全10巻で完結済み
  • 感動ポイント:救済と別れのシーン

宇宙人によって機械の身体にされてしまった初老の犬屋敷と高校生の獅子神のダブル主役のSFマンガ。

機械の身体になってしまったことから自分が生きている人間と実感するため、一方は人を助けることを、もう一方は人の命を奪うことで存在意義を確立していく。

絶望にいる人を助けるシーンやそれぞれの大切な人と接するシーンなどは泣ける名場面が多い作品。

ただ、それと同じぐらいハードな悪事を行うシーンが多いので要注意。

人の命を奪うことに存在意義を見つけたメインキャラクターの悪事も強烈なのですが、それ以外にもリアルでも行なわれている犯罪もガンガン出てくる。

泣ける話は好きだけど、ハードな描写や展開は苦手!という人にはおすすめできない作品ですね。

>>いぬやしきの感想・考察・評価を見る

 

11位:orange(オレンジ)

f:id:suyamatakuji:20170901000140j:plain

  • SF学園青春恋愛、少女マンガ
  • 別冊マーガレット⇒月刊アクション:2012~2015年・全6巻で完結済み
  • 感動ポイント:仲間の絆と須和の行動

10年後の自分から届いた手紙を元に好きな人の死という未来を変えるために行動していくというSF恋愛物語。

完全少女マンガタッチな絵柄と純愛ストーリーで女の子のハートをガッチリと掴み、男が好きなSF要素を入れることで男性読者もゲット。

手紙というSF要素が入ったことで普通の恋愛マンガにはない違った意味のドキドキが生まれました。

正直、未来で結婚して子供までいるのに過去の好きな男を助けようとする主人公の菜穂の行動(未来の結婚もなくなるリスクがあるので)にはあんまり共感できなかったのですが、それ以外の仲間達がステキ。

特にステキなのが菜穂の未来の旦那さんになっている須和ですね。

未来でも現在でも自分の気持ちよりも菜穂や仲間の幸せを優先する須和の生き様が男前すぎてホロリと来た作品です。

 

【ベスト10】青春&泣ける感動系漫画おすすめランキング

10位:リアル

f:id:suyamatakuji:20180113142844j:plain

  • 青年漫画人間ドラマ、スポーツ(バスケ)
  • 週刊ヤングジャンプ:1999年~
  • 泣ける話:スコーピオン白鳥の試合

事故や病気など現実に起こりえる困難と闘っていく姿をリアルに描く。

車イスバスケや車イスの日常生活、リハビリなどのリアリティのある描写が特徴の作品。

そんな中から生まれる人間ドラマが熱い。

特に熱いのがプロレスラー:スコーピオン白鳥のエピソードですね。

強さの象徴のプロレスラーであるスコーピオン白鳥のリハビリや試合シーンは熱い名ゼリフや名シーンの宝庫。

復帰戦が描かれた13巻は泣けるポイントの怒涛のラッシュで号泣必至。

13巻のみなら涙の降水確率100%!

 

9位:銀魂

f:id:suyamatakuji:20180113142904j:plain

  • SF時代劇、ギャグ
  • 週刊少年ジャンプ:2004年~
  • 感動ポイント:シリアスな長編全般と人情話

銀魂は天人(宇宙人)によって強制的に開国され、銀河文明を受け入れた江戸を舞台にしたSF時代劇コメディ。

強烈なボケやツッコミのドタバタを基本に、攻めに攻めたパロディや時事ネタをバンバンぶち込んでくるギャグ色が強い作品。

ギャグ色漫画がなんでこのランキングに入ってんだよっ!?

とツッコミが入りそうですが、銀魂って意外とホロリとくるシーンも多いんですよね。

笑いメインの短編とは違うシリアス路線の長編はもちろん、じんわりと泣ける人情話もけっこう混ぜてくる。

それぞれの生い立ちが絡むシリアス長編、動物絡みの話、人情話では13巻『どこの母ちゃんもだいたい同じ』から始まるエピソードなどがホロリとくる。

ギャグとシリアスの高低差で感動の反動が大きいのがこの作品の魅力です。

>>銀魂の感想・考察・評価を見る

 

8位:お~い!竜馬

f:id:suyamatakuji:20180113143014j:plain

  • 幕末歴史、坂本龍馬の生涯(フィクションも混ざっている)
  • 少年ビッグコミック⇒ヤングサンデー:1986~1996年・全20巻で完結済み
  • 泣けるポイント:仲間達の別れ

坂本龍馬の一生をフィクションも交えて描いた昭和から平成にかけて連載された名作。

特に岡田以蔵・武市半平太(瑞山)・竜馬の三人が幼なじみ、新撰組の沖田総司が龍馬と面識があったなどのエピソードは熱かった。

こちらもキングダムと同じく、激動の幕末が舞台ということでやはり人の生き死にドラマが詰まっています。

坂本龍馬自体が戦に参加して戦うといったことはほぼないのですが、時代を変えるために命をかけて行動していく幕末志士には平和な今の時代にはない生き様がある。

歴史的に有名な竜馬の最後はもちろん、竜馬が優しい性格ということもあり、仲間との別れは目頭を熱くさせられる名シーンが多い。

幼なじみの岡田以蔵・武市半平太とのエピソードはその中でも特に印象深いですね。

 

7位:20世紀少年

f:id:suyamatakuji:20180113142923j:plain

  • SF、サスペンス、ミステリー、青年冒険漫画
  • ビッグコミックスピリッツ:1999~2006年・全22巻、2007年・全2巻(21世紀少年)
  • 泣けるポイント:情熱を取り戻した大人達の生き様

正式名称『本格科学冒険漫画 20世紀少年』は、1970年前後の子供の頃に『よげんの書』に描いた空想科学や未来の出来事が『ともだち』という謎の存在によって次々と実現されていく。

2008年に唐沢寿明さん主演により映画化もされています。

物語の舞台はそんなかっての子供たちがおっさん・おばさんと呼ばれるようになった1997年。

かっての夢を忘れた者、夢を叶えたけど現実に打ちのめされた者など、そんな理想と違う今を生きる大人達が、世界の危機に再び子供の頃の情熱を取り戻していくのが熱い。

主人公:ケンヂを筆頭に大人の胸に刺さる名言や名シーンを数多く魅せてくれる作品です。

 

6位:キングダム

f:id:suyamatakuji:20180113142939j:plain

  • 中国の春秋戦国時代の歴史もの
  • 週刊ヤングジャンプ:2006年~
  • 感動ポイント:男や女達の熱い生き様と散り様

中国の秦の始皇帝が誕生するまでの春秋戦国時代を描いた歴史バトル漫画。

バトルものはもちろん、全ジャンルを含めても熱い展開は歴代トップクラス!

そんな熱い展開でも感動はできるのですが、泣けるとなるとそれだけでは弱いんですよね。

でも、キングダムでは熱いバトル以外にも感動ポイントが随所にある。

それが各キャラの生き様と散り様。

武将はもちろん、兵士や女キャラにまでそういったシーンがある。

思い入れが深いキャラや登場時は嫌なやつほど散り際のシーンは涙なしでは読めない。

戦がメインの話なので、そういったシーンが数多く登場し、目頭を熱くさせます。

>>キングダムの名ゼリフ・武将ランキングなどを見る

>>キングダムの感想・考察・評価を見る

 

5位:SHIORI EXPERIENCE(シオリエクスペリエンス)ジミなわたしとヘンなおじさん

f:id:suyamatakuji:20180623123458j:plain

  • 音楽、青春、学園
  • 月刊ビッグガンガン:2013年~
  • 感動ポイント:昭和を感じさせる王道青春ストーリーとジミヘンなどの伝説

27歳が終わるまでに伝説を残さないと死ぬ。

伝説のギタリスト:ジミ・ヘンドリスクに憑依された代償がそれだった。

そこから始まる地味で生徒に名前すら覚えられず地味先(じみせん)とあだ名を付けられた本田詩織の伝説作りが始まる。

最初はコメディタッチな始まりなのですが、ストーリーが進んでいくとどんどん青春度が上がっていく。

挫折や練習、周りの妨害などは昭和のスポ根漫画や感動ドラマを感じさせる王道的な展開。

そして、その懐かしさすら感じる王道ストーリーが熱くて泣ける。

日常もののゆるい展開や萌え、コメディ漫画の笑いもいいですが、やはりこういった激アツな展開が大好物です。

軽音部を作って自らのバンドを結成していく本田詩織のストーリーも熱いですが、ジミヘンの方にもニルヴァーナのカート・コバーンという別の伝説が現れる。

この二つの伝説がどう交わっていくのか?

それを考えるだけでもワクワクする作品です。

>>シオリエクスペリエンスの感想・考察・評価を見る

 

4位:聲の形

f:id:suyamatakuji:20170904145321j:plain

  • 社会派人間ドラマ
  • 週刊少年マガジン:2013~2014年・全7巻で完結済み
  • 感動ポイント:孤独・絶望・純愛

読み方は聲の形(こえのかたち)

小学校編でイジメや差別が描かれ、高校編でそれを後悔している主人公:石田将也と耳が聞こえないことでイジメられていたヒロイン:西宮硝子を中心とした人間ドラマを描く。

初めてこの作品を読んだ時は、

こんな内容を少年誌に掲載して大丈夫なのか?

と思ったほど。

イジメ自体がデリケートな問題な上に、その対象が耳が聞こえない女の子ですからね。

ただ、こういった部分を避けることなく描いたからこそ、そのメッセージが強く伝わった作品です。

将也はイジメの責任をクラスメイトや先生にまで押し付けられて小学校時代だけでなく、中学・高校でも孤立していく。

高校になって硝子と再会し、その関係を修復していく過程で新しい仲間や過去のクラスメイトとも関わっていく形。

ここもまた一筋縄ではないところがこの作品の特徴。

特に過去のイジメ関係者の多くが改心どころか悪いとさえ感じてない点は気分が悪くなるほど。

せめて因果応報的な報いがあってもいいと思うのですが、そこは敢えて描かずに二人の物語に集中させ、さらにそういった人達を嫌いな対象のままでいさせたのかなと感じます。

 

3位:ANGEL VOICE(エンジェルボイス)

f:id:suyamatakuji:20170530143538j:plain

  • 不良、青春系高校サッカー
  • 週刊少年チャンピオン:2007~2014年・全40巻で完結済み
  • 泣ける話:終盤全般

ANGEL VOICE(エンジェルボイス)は、

不良+天使+サッカー=感動巨編

不良が更生してサッカーに真剣に向き合っていく。

こう書くと、実写ドラマ『スクールウォーズ』や野球漫画『ROOKIES(ルーキーズ)』など昔からよくあるオーソドックスな展開ですが、だからこそ泣ける!鉄板テンプレート。

ずっと残り続けているのはそれだけ支持されているという証拠ですね。

また、歌姫という要素を加えたこと、1話目の最初でラストのワンシーン(画像上)を描いたという仕掛けも秀逸でしたね。

クライマックスに近付くにつれてどんどん感動のボルテージを上げてくる!

終盤数巻は涙なしでは読めない涙の降水確率100%の作品ですね。

>>ANGEL VOICE(エンジェルボイス)の感想・考察・評価を見る

 

2位:宇宙兄弟

f:id:suyamatakuji:20180113143036j:plain

  • 職業(宇宙飛行士)、人間ドラマ、社会、ストーリー漫画
  • モーニング:2007年~
  • 感動ポイント:リアルな人間ドラマ

南波兄弟を中心に描く宇宙飛行士のなり方やその仕事内容、それに関わる人達の人生も描いているマンガ。

リアル路線で宇宙飛行士やその周りの人達の仕事や人生を描いているため、今までランキングで登場した作品のようなファンタジーなドラマなどはありません。

が、リアルだからこそ共感できるそれぞれの登場人物の想いや生き様、人生観などに目頭が熱くなるシーンが随所に入ってくる。

1巻に最低1回はあるんじゃないか?と思えるほどに毎回ホロリとくるシーンがあるほど。

また、リストラ・パニック障害・ネット社会の誹謗中傷など、リアルな困難に立ち向かう姿も数多く登場する。

感動ドラマはもちろん、自分の人生の参考になる名言や名場面の多さが圧倒的。

社会人には欠かせない心のバイブル的な作品です。

>>宇宙兄弟の感想・考察・評価を見る

 

1位:BLUE GIANT(ブルージャイアント)

f:id:suyamatakuji:20180113142957j:plain

  • 音楽(ジャズ)、人間ドラマ、青年向けマンガ
  • ビッグコミック:2013~2016年・全10巻、SUPREME 2016年~
  • 泣けるポイント:等身大のキャラの人間ドラマ

BLUE GIANT(ブルージャイアント)はジャズをテーマとした音楽漫画。

高校生の主人公:宮本大がジャズに魅せられ、テナーサックスを独学で勉強しながらプロを目指す物語。

なので、メインとなるのは音楽やジャズなのですが、それらを通した人間ドラマやサクセスストーリーが熱い。

例えば、主人公と家族の関係。

どこにでもありそうな等身大の家族でありながら、息子の夢を何も聞かずに後押ししてくれる父、自分の初任給で弟(主人公)のために50万円もするサックスをローンで購入する兄、いつも憎まれ口ばかり叩いていた妹がお別れの時に見せる涙など、日常にありそうなドラマが随所に詰まっている。

また、こうすればうまくいくかもしれないと思っていても、面倒臭い・恥ずかしい・怖いといった理由で誰もが避けたがる事を主人公はやり続ける。

もしかしたら自分もこんな風にやっていたらもっと違った人生だったかもしれない・・・。

そんな思いを抱かせる漫画です。

2016年に日本編が完結し、『BLUE GIANT SUPREME』とタイトルを改め、舞台をドイツに移して続編が連載されています。

>>BLUE GIANT(ブルージャイアント)の感想・考察・評価を見る

 

人目をはばからず泣けるマンガ特集

 

ジャンル別でおすすめを探す

こちらも随時更新。

 

年代別でオススメを探す

こちらも随時更新。

 

泣ける感動・青春系のアニメ版ランキング

 

アニメ・ライトノベルのおすすめを探す

こちらも随時更新。

  • アニメ・・・殿堂入りアニメのベスト版ランキング
  • ライトノベル・・・殿堂入りラノベのベスト版ランキング

 

泣ける青春・感動系オススメ漫画ランキング一言まとめ

子供の頃はバトルなどの熱い展開以外では泣けなかったけど、経験を積むことで年々泣ける守備範囲が広がってくる。

>>ランキングで紹介した漫画を電子書籍でチェックする

>>アニメ版を動画配信サービスでチェックする

>>無料マンガアプリで探してみる